デトネーションは別名=爆轟とも呼ばれます。

火炎の燃焼速度が音速を超える状態の火炎で、配管の中に組み込まれるインラインの場合でのみ発生します。ある程度の長さの配管があれば、デフラグレーションからデトネーションへ加速変異して行きます。プロテゴでは、小型ねじ込みタイプから大型まで広範囲の認定付きデトネーション用フレームアレスターをラインアップしております。

デトネーション用フレームアレスター DA-G型

DA-G型フレームアレスター

DA-G型フレームアレスター(断面図)

注.温度センサーはオプション

デトネーション用インライン・フレームアレスターDA-G型は、デトネーション消炎の最新技術をコンパクトな形状で実現したねじ込み接続のモデルです。ねじ込み型でありながら、最大2インチの接続モデルがあります。ひとたびデトネーションがDA-G型フレームアレスターに入ると、デトネーションによる衝撃波エネルギーは吸収され、火炎はフレームフィルターの狭いすきまにより消炎されます。

DA-G型フレームアレスターは、入口側と出口側が対称な形状のため、両方向からの爆発を消炎することができます。装置は、入口と出口の2個のハウジングフランジ、中心部に位置するフレームアレスターユニットである@フレームフィルター数枚から構成されます。フレームフィルターの枚数とフレームフィルターのクリンプリボンのすきまは、ガスの構成、ガスの爆発グループ、運転圧力、運転温度に対応して決定されます。DA-G型フレームアレスターは、IIA、IIB3およびIICに分類されるガスに使用することができます。欧州防爆指令ATEX 94/9/ECと欧州規格EN 12874に適合する型式認定を取得しています。

特徴

  • 配管に直接ねじ込みで接続できる
  • 接続ねじ口径は G1/2、G3/4、G1、G1-1/4、G1-1/2、G2
  • 両方向からの爆発を消炎できる
  • 温度センサーの取付ポート付きモデルがある(G1-1/2、G2)
  • モジュラー部品であるフレームフィルターを個別に交換できるため経済的
  • 薄型フレームフィルターのため、メンテナンス性が高い
  • 爆発グループIIA、IIBおよびIICに対応
  • 口径G1/2〜G1-1/4は瞬間燃焼、口径G1-1/2〜G2は短時間燃焼に対応

性能

爆発グループ MESG

最大可能運転圧力

口径G1/2〜G3/4

最大可能運転圧力

口径G1〜G1-1/4

最大可能運転圧力

口径G1-1/2〜G2

IIA >0.90mm 120kPa(絶対圧) 110kPa(絶対圧) 110kPa(絶対圧)
IIB3 ≧0.65mm 110kPa(絶対圧) 110kPa(絶対圧) 140kPa(絶対圧)
IIC <0.50mm 110kPa(絶対圧) 110kPa(絶対圧) 160kPa(絶対圧)
最大可能運転温度=60℃ ※特別仕様の運転温度(高)モデルは、お問合せ下さい

材質

各部品の材質
材質構成番号 A B C
部品名 ハウジング 炭素鋼 ステンレス ハステロイ
ガスケット ノンアス テフロン テフロン
フレームフィルター ステンレス ステンレス ハステロイ

寸法

DN G1/2" G3/4" G1" G1-1/4" G1-1/2" G2"
a 80 80 100 100 155 155
b 55 55 76 76 124 124
c(IIA) 112 112 122 122 205 205
c(IIB3 and IIC) 135 135 145 145 205 205
d - - - - 400 400
SW 32 32 50 50 75 75

圧力損失カーブ: 爆発グループIIA

圧力損失カーブ: 爆発グループIIB3

圧力損失カーブ: 爆発グループIIC

圧力損失カーブ参照上の注意事項

  • ※ カーブはISO 6358による標準状態(温度20℃、圧力100kPa絶対圧)の空気のものです。
  • ※ 流量V[m3/h]はグレー帯の横軸、圧力損失冪[mbar]はグレー帯の縦軸を参照ください。
  • ※ 圧力損失冪は、1mbar=0.1kPaで読み替えてください。

DN L/D比の最小値
≦20 50
25 60
32 65
40 75
50 80
65 95
80 100
100 100
125 80
150 70
≧200 50

設置位置制限

フレームアレスターを取り付ける際は、フレームアレスターで消炎されたガスに、再度火が付かないように留意する必要があります。デトネーション用フレームアレスターでは、フレームアレスターの取付け位置と着火源との位置関係が大事な要素となります。フレームアレスターと着火源との距離を適切にすれば、いったん消炎され通過を阻止された炎がフレームアレスター内で燃え続ける危険(このような燃焼を持続燃焼といいます)がありません。その適正距離を口径ごとにまとめたものが表.設置位置制限です。これらのL/D比(配管長さと配管径の比)の最小値またはそれ以上を採用すれば、フレームアレスター内での持続燃焼は発生しません。

フレームアレスターと着火源との距離を適切にできない場合など、配管設計の都合により、フレームアレスター内で持続燃焼が発生する場合は、温度センサーにより温度上昇時に即座にプラントをシャットダウンし、可燃ガスの供給を止める対策が必要となります。ただし、この対策は、口径G1-1/2〜G2モデルには有効であるが、口径G1/2〜G1-1/4モデルには、適用できません。